2010年08月24日

12種類の高級食材入り冷麺、お値段11,550円!

大阪の難波にある、スイスホテル南海大阪で、11,150円もする
冷麺が大人気だそうです。
普通の冷麺の10倍以上のお値段です。

デフレな世の中なのに、こういうことにはお金を使える人も存在するんですね。
麺やスープにこだわっても、この値段にはならないので、高級食材を使うしか
ないでしょうね。



 この冷めんは、同ホテルの中国料理店「エンプレスルーム」で、
8月31日までの期間限定で販売されている。

水槽から取り出したばかりの伊勢エビをはじめ、
フカヒレやアワビ、カニなど12種類の高級食材を豪華に使ったこだわりの一品で、
手作りの特製めん3玉に、すりゴマと練りゴマを合わせたタレと、
ショウガの風味を生かしたしょうゆのタレが付いている。

参照元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100823-00000586-san-bus_all



特製めん3玉ってことは、3人分くらいの量はあるんでしょうね。
シェアして食べても、一人前3,000円。
十分に飲みにいけます(笑)

冷麺にふかひれとか、アワビがマッチするのかは謎ですが、
こだわりのタレが、まぁるくしてくれるんでしょうか?

でも、すいかは乗ってないみたいです。残念。





posted by ときどきぷろぐらま。 at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外食産業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。