2010年08月24日

60人のちびっ子寿司職人誕生!?

佐賀市で、小学生対象のお寿司教室が開かれたそうです。
回転すしが勢力をのばしつつある昨今、本来のお寿司は職人さんが
一つ一つ丁寧に握っているんだ、ということを知る、いい取り組みですよね。



用意されたのは、卵やイクラ、サーモン、マグロなど約90人前の
ネタと米4升。

職人たちが実演し、「右手でご飯を持って、ネタを乗せたら
軽く指で上下を押さえて」などと説明した。

児童らも丁寧な手つきでネタを乗せ、にぎりずしと手巻きずしを完成させた。

参照元:http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1711651.article.html



自分で握ったお寿司、格別のお味だったんじゃないでしょうか。
私も子供じゃないけど、すごく参加したかったです。

子供の頃、時々、母が手巻き寿司をしてくれたのを思い出しました。
妙に欲張ってご飯やネタをいれすぎて、えらい不恰好な手巻き寿司を
作っていたような記憶があります。

子供の頃の、食に関する体験って、意外と鮮明に覚えているものですね。
私も気をつけなくちゃ・・・(汗)






【食育の最新記事】
posted by ときどきぷろぐらま。 at 14:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by ビジネスマナー at 2012年08月28日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。